太陽光発電の歴史とメリット

バナー

太陽光発電の歴史とメリット

太陽光発電とは、光を電気に変えるシステムのことです。私たちの家庭にある電球や蛍光灯、LED電球は、電気を光に変える装置ですが、その逆のことをするのが太陽光発電なのです。




太陽光発電に使われる太陽電池の最初の例は、1839年に電解液につけた銀塩極に光を照射すると、電気が流れることから始まりました。

しかしこれは、化学的な実験であり実用とはほど遠いものでした。

1877年には、金属セレンに光を照射すると、その光の強さに応じた電流が流れることが発見され、写真撮影の際の露出計などにも利用されました。



映画のフィルム上に印刷されたバーコードのような模様に光を当てて、さらにその通過光を光電管に当てると、通過光の光量に応じて電気が発生し、スピーカーを振動させる仕組みを利用したトーキー映画も太陽電池の前身といえます。

その後、太陽電池が最初につくられたのは1955年頃といわれていますが、実際に太陽電池が市場に出始めるのは1995年頃のことです。
実用的な太陽電池が現れてから、まだ20年も経ていないことになります。逆にいえば、太陽光発電に使われる太陽電池の可能性は、これから本格化するということです。


太陽電池の最大の長所は、クリーンなエネルギーだということですが、太陽電池の製造過程の環境負荷を考慮しても、メリットは高いのです。また、故障しにくいという長所があります。



太陽電池はモジュール構造をしていますが、可動部分がないため、多少の性能劣化があるとしても、故障になる可能性が低いのです。



定期的な点検により、物理的な破損や汚染による透過性の劣化を改善することにより、長期の使用に耐えるのが太陽光発電なのです。
太陽光発電には、太陽電池以外にもシステムを構成する配線やインバーターなどの機材がありますが、それらの定期点検や修繕などは必要になります。


利用価値の低い砂漠に太陽光発電システムを設置するといった計画もありますし、逆に電力の使用場所に近い所にも設置し易いといったメリットがあります。



http://www.aist.go.jp/aist_j/comp-info/pip/index.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%AA%E9%99%BD%E5%85%89%E7%99%BA%E9%9B%BB
http://www.b-soccer.jp/bookraising